le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

朝の散策 〜高輪庭園〜


グランドプリンスホテル新高輪ラウンジ        グランドプリンスホテル新高輪/grand Prince Hotel New Takanawa


高輪の緑豊かなプリンスエリアに佇むホテルの、庭に面したティーラウンジです。
喫茶がオープン(10:00)前ですので、人の気配はありませんが...

さて、今回は朝食前に時々散策する、このホテル内の日本庭園のご紹介です。
はじめに、ホテル内に佇むこちらの「貴賓館」を...


高輪庭園_貴賓館/Kihinkan Guest House               高輪庭園 貴賓館/Kihinkan Guest House

この洋館は、明治43年に竣工の「旧・竹田宮邸」です。
明治天皇第六皇女・常宮昌子内親王と竹田宮恒久王のご成婚後の竣工だそうで、
鉄骨煉瓦造2階建(地下1階)の設計は片山東熊氏、施工は宮内省直営...
昭和の改修は、名建築家として著名な故・村野藤吾氏が手掛けられたようです。


高輪庭園_貴賓館/Kihinkan Guest House

庭園を出て、この貴賓館から高輪周辺を歩くコースもおススメです。
高輪教会、ドイツの建築様式で知られる消防署方面へ歩くと、豆大福のお店も...
こちらが、グランドプリンスホテル新高輪から続く庭園です。
よろしかったら、ご一緒に...


高輪庭園               高輪庭園/Takanawa Japanese Garden

この約20000屬傍擇崙本庭園は、故・楠岡悌二氏によるもの...
作庭家の楠岡悌二氏は、皇居の新宮殿を造られた方として知られています。


高輪庭園


自然池もある広い庭園には、奈良のお寺から移築された観音堂や鐘桜などの、
歴史的建造物に加え、故・村野藤吾氏が手掛けられた茶室「惠庵」も佇んでいます。


 高輪庭園_山門・青銅灯篭Gate of Temple・Bronze Lantern         高輪庭園 山門・青銅灯篭/Gate of Temple・Bronze Lantern



高輪庭園_観音堂/Temple dedicated to Kannon             高輪庭園 観音堂/Temple dedicated to Kannon

長弓寺(奈良県生駒市)の三重塔の一部が1954年(昭和29年)に移築されたもの。
御堂には、15Cに作製された「十一面観音踏下像」が安置されています。
この観音様には「利円満」の文字が刻まれているという...

「二利」というのは「自利」と「利他」を云い、他を利することで自利が全うでき、
自分を含めた世の中の人々すべてが円満に暮らせるようにという、
この観音像にはそんな願いが込められているようです。



高輪庭園_鐘楼/Bell Tower                    高輪庭園 鐘楼/Bell Tower

1656年(明暦2年)建立の鐘桜が、昭和34年に奈良の念仏寺より移築されたもの。
立て札には、「さくら坂の鐘」とあります。
さくら坂とは、品川駅からこの庭園のある高輪まで続く坂...


さくら坂の鐘

この「さくら坂の鐘」は富山の鋳物師、「老子次右衛門」によるものだそうです。
...と伺ってもわかりませんが、きっと高名な方なのでしょう。
夕方になると鐘の音が響き渡ります。



高輪庭園_河津桜                 高輪庭園:毎年2月に花開く河津桜

庭園内には、いく本もの桜が植えられ、初春から初夏まで桜を楽しめます。
寒緋桜、小彼岸桜、豆桜、枝垂桜、染井吉野、大島桜、山桜、そして大山桜、etc...
なんでも、19種233本の桜があるのだそうです。
5月上旬の深山桜に至るまで、この庭園の桜の季節は長く、花見客で賑わいます。


金木犀                Osmanthus fragrans var. aurantiacus                  
          
今は金木犀(キンモクセイ)の香りが秋を告げています。


高輪庭園                  グランドプリンスホテル高輪 庭園の芝生エリア

こちらは、旧高輪プリンスホテル(現・グランドプリンスホテル高輪)...
このホテルとザ・プリンスさくらタワーが、日本庭園を囲んで並んでいます。
高輪庭園は40年ほど前、旧・高輪プリンスホテルの新築に伴い造られたそうです。
隣接の国際館パミールは、ビッグイベントの会場でも知られていますね。



グランドプリンスホテル新高輪
grand Prince Hotel New Takanawa
----------------------------------------
東京都港区高輪3-13-1
TEL:03-3442-1111

グランドプリンスホテル高輪
(旧 高輪プリンスホテル)
grand Prince Hotel Takanawa
----------------------------------------
東京都港区高輪3丁目13−1
TEL:03-3447-1111

ザ・プリンスさくらタワー
----------------------------------------

東京都港区高輪3丁目13−1 
TEL:
03-5798-1111

Heritage(史跡・文化財) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
雨の小樽散策PART2

小樽市 大正ガラスギャラリー蔵                 小樽市 大正ガラスギャラリー蔵

先回綴った小樽散策の後編です。
ここは、メルヘン交差点近くに佇む「大正ガラスギャラリー蔵」です。

小樽の硝子工房で活躍する作家さんたちの作品に出合えます。
以前あった「蔵のギャラリー 人形の瀧本」が移転された後、昨年できました。
ここには大好きなガラス作家さんの作品も展示されていて、
今回の小樽訪問で、最も長居させていただいたギャラリーです。

スタッフの方が大変ご親切で、じっくり作品に向き合っていますと、
好みを察してくださり、それならばと他店も紹介してくださいました。


ところで小樽は、明治から大正、昭和初期に至る歴史的建造物が多く現存する街...




人力車に乗る前に、小雨の中をテクテク歩いて撮った写真もいくつか...


小樽散策 2011年9月 photo : le Magazine Richesse


小樽の観光スポット、異国情緒に満ちた堺町通を歩くと...
古色蒼然とした佇まいの建物が ここにも!

北菓楼小樽本館           2003年小樽市都市景観賞 北菓楼小樽本館

この建物は、特に小樽市指定の文化財というわけではありませんが、
歴史ある街並みにしっくりおさまって、素敵なスポットですのでちょっとご紹介...

ルタオと並び、北海道銘菓で名高い北菓桜(kたかろう)の小樽本館です。
ここでしか味わえないシュークリームもあり、入店してみたものの、
店内は人で溢れ、あまりの熱気に、列に並ぶ勇気は失せてお店を後に...(笑
左手の大正時代の石造倉庫には六花亭もあります。


小樽堺町通_北一硝子                                    小樽市堺町通 北一ガラス3号館

大小のガラス工芸品店やオルゴールショップ等が軒を連ねる、雨の堺町通です。

小樽市メルヘン交差点_小樽オルゴール堂本館               小樽オルゴール堂本館

堺町本通りの南端の五叉路の交差点、通称メルヘン交差点も人気のスポット!
今は埋め立てられていますが、かってこの辺りは入江だったそうです。
町名の入船は、かって呼ばれていた入船澗(いりふねま)に由来するのでしょうか。



小樽市堺町通_小樽オルゴール堂2号館アンティークミュージアム     小樽オルゴール堂2号館アンティークミュージアム

↑ ミュージアム、向って左手の空き地にオタルナイ運用屋跡の石碑がありました。



小樽市:北一ヴェネツィア美術館               北一ヴェネツィア美術館

こちらも観光スポットとして名高い、北一ヴェネツィア美術館です!
ヴェネツィアにあるグラッシィ宮殿がモデルとされた外観...
ここでは、ヴェネツィア文化にも触れることができます。


かつて、北のウォール街と呼ばれたほど多くの都市銀行や商社も軒を連ねます。
日銀小樽支店 をはじめ、三井銀行、安田銀行、第一銀行等の他、
三井物産、三菱商事、そして日本郵船、大阪汽船、山下汽船等も...

歴史ある建造物を間近に見て歩くと、繁栄を誇っていた小樽の底力を感じます。


小樽市:日本銀行旧小樽支店金融資料館/The Bank of Japan Otaru Museum 1912(明治45)   日本銀行旧小樽支店 金融資料館/The Bank of Japan Otaru Museum

近代建築の礎を築いたとされる辰野金吾の設計によるもの。
赤レンガの建築で有名な、東京駅の設計者として知られています。
小樽市指定文化財(第8号)。



小樽グランドホテルクラシック_旧越中屋ホテル(小樽市色内1丁目8番25号:昭和6(1931)年建築)           小樽グランドホテルクラシック / 旧越中屋ホテル

国際貿易港小樽に滞在する、外国人のための旧越中屋ホテル別館でした。
設計は倉澤国治で、当時の英国旅行案内書にも掲載されていたそうです。
1993年にホテルとして再開業されますが、2009年2月に閉鎖されました。
小樽市歴史的建造物第16号。


まだまだ写真は撮りましたが、この辺りでひと呼吸...

今回は、束の間の小樽散策でしたが、
ずいぶん歩きましたので、お腹が空くこと空くこと...
札幌に帰る前に、夜もしっかりとお鮨をいただくことに...

小樽市 群来膳
ガラス工房のご紹介で訪ねた、地元の方に人気のおすし屋さんへGO!!
ここは、作家さんのガラス器でお料理が供されるのが嬉しい...
写真はありませんが、もちろんお鮨も美味しいです!
お鮨三昧の小樽散策、次回は初冬に...


------------------------------------------
■ 大正ガラスギャラリー蔵
北海道小樽市入船1−2−26
TEL:0134-22-2299
OPEN:10:00〜19:00
CLOSED:無休
■ 大正硝子 本店 
北海道小樽市色内11番地
TEL:0134-32-5101
------------------------------------------

------------------------------------------
■ 握・群来膳
北海道小樽市色内1−12−8
TEL:0134−27−2888
------------------------------------------

------------------------------------------
■ 北菓楼(きたかろう)小樽本館
北海道小樽市堺町7−22
TEL:0134 -31-3464
OPEN:9:00〜18:30  ※冬季〜18:00
CLOSED:元旦
------------------------------------------
北菓桜のバウムクーヘン「妖精の森」
北菓楼小樽本館 バウムクーヘン「妖精の森」











北菓桜小樽本館の開店記念に作られたそう... 
せっかくの小樽訪問でしたが、小樽ではなく、
北海道からの帰路、千歳空港で購入したもの。(笑

同じく、北菓桜のシュークリームです。
北菓楼小樽本館 シュークリーム
















Heritage(史跡・文化財) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
夏の終わり 〜明治村の花火〜@犬山市


le28aout2011_博物館明治村より望む入鹿池(愛知県犬山市)                愛知県犬山市 入鹿池 2011.8.27(Sat)


長い夏休みをいただき、しばらく日常から遠ざかっていましたが、
またボツボツと、日々のシーンから切り取ってゆければと思います。
写真は先週の土曜日、仕事を終えてから訪ねた犬山の入鹿池です。

入鹿池の畔に広がる「明治村」には、近代日本の歴史的建造物が多く点在し、
犬山市の観光振興の目玉ともいえる文化的スポットで、国の重要文化財もあります。

犬山明治村_天童眼鏡橋(多嘉橋):建設年代明治20年(1887)           明治村5丁目 天童眼鏡橋(多嘉橋):建設年代1887


犬山明治村_川崎銀行本店:建設年代 昭和2年(1927)               明治村5丁目 川崎銀行本店:建設年代1927

ふだんは17:00に閉村らしいのですが、この日は「宵の明治村」の開催日でした。
出先で、ナイター営業で花火タイムもあると伺い、急遽立ち寄ることに...
実は今夏、やりのこしたことのひとつが、花火見物なのでした!

入村は18:30頃で、20:30の「花火の競演」まではしばらくありました。
とはいっても、まもなく夕闇に包まれたのですが、少し散策も楽しめました。


犬山明治村_聖ザビエル天主堂.ハワイ移民集会所.シアトル日系福音教会.宇治山田郵便局.金沢監獄正門    明治村5丁目 A.聖ザビエル天主堂.建設年代 明治23年(1890)
    明治村4丁目 B.ハワイ移民集会所.建設年代 明治22年(1889)頃
    明治村4丁目 C.シアトル日系福音教会.建設年代 明治40年(1907)頃
    明治村4丁目 D.宇治山田郵便局.建設年代 明治42年(1909)
    明治村5丁目 E.金沢監獄正門.建設年代 明治40年(1907)


そしてこちらは、大正時代の建物。
明治村といえば、この「帝国ホテル中央玄関」ですね。
20C建築界の巨匠、「フランク・ロイド・ライト」による設計はよく知られるところ...

犬山明治村_帝国ホテル中央玄関:建設年代大正12年(1923)            明治村5丁目 帝国ホテル中央玄関:建設年代1923


犬山明治村_帝国ホテル:建設年代大正12年(1923)


村内は、思いのほか人で溢れ、浴衣姿の女性や子どもたちが目立っていました。


犬山明治村_左)品川興業社硝子製造所_右)宇治山田郵便局                         明治村4丁目 宇治山田郵便局:建設年代1909

正面の木造建築は、明治期(明治42年)に建てられた普通郵便局舎です。
木造で現存する唯一の郵便局舎でだそうで、重要文化財とありました。

4丁目、5丁目辺りをふらりと散策するうちに、夜の帳もおり...

 「宵の明治村」

花火会場とされる「帝国ホテル中央玄関」前に戻りますと、
芝生広場一帯は、たくさんの人たちで埋め尽くされていました。


2011宵の明治村「Dreaming JAZZ ナイト」_後藤勇人カルテット&清本リツコ・尾崎マキ              DREAMING JAZZ NIGHT   2011.8.27

特設ステージでは、JAZZ LIVE が始まっていました
この夜(8/27)の出演は、「後藤勇人カルテット&清本リツコ・尾崎マキ」の皆さん!
懐かしい、Carole King の "You've Got a Friend" も流れました。

そして...
Second stage のラストには、全員で花火打ち上げのカウント・ダウン!


「宵の明治村」花火競演_帝国ホテル中央玄関前芝生広場一帯?                     「宵の明治村」花火競演 


「宵の明治村」花火競演?

漆黒の空を鮮やかに染める、花!花!花!


「宵の明治村」花火競演?

花火の競演は、わずか5分ばかり...
あっという間でしたが、夏の風物詩を満喫した明治村の夜でした。



博物館 明治村
-----------------------------------------------------
愛知県犬山市字内山1
http://www.meijimura.com/index.html
TEL:0568-67-0314
OPEN     9:30〜17:00
       ※冬期11月〜2月は〜16:00
CLOSED 12月31日/12月.1月.2月の毎週月曜日
              (祝日及び正月期間は開村)
       ※1月の平日にメンテナンス休あり
* 中央自動車道 小牧東IC.より3km
* 名鉄電車 犬山駅東口よりバスあり「明治村行」
* 名鉄バスセンター 名古屋/栄よりバスあり(毎日運行)




Heritage(史跡・文化財) : comments(2) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
: 1/7 : >>