le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

安土さんの器で・・・★七夕の夜


le7juillet2009七夕1.JPG



                    わし座の牽牛と、こと座の織姫星・・・
          逢えなかったのでしょうか?(笑

          七夕の夜、やはりお天気はすぐれませんでしたね。
          梅雨空は、ここ本州では7月半ばまで続きますから仕方ありません。
          七夕の夜くらいは、雨雲の帯を解いて欲しかったですが・・・

          昨日は午後からお休みをいただき、早めの夕飯でした。
          Photoは昨夜の〆、五色素麺です!

          ジメジメした季節、ガラスの器はテーブルに涼を呼びますね!
          安土忠久さんの器は、ほっこり感が好きで頻繁に使っています。



le7juillet2009グラス&小皿by安土忠久先生                      グラス&皿/安土 忠久



           普段は冷たいお水やお茶を淹れるのですが
           素麺の汁入れとしても勝手がよい器です。




le7juillet2009七夕五色素麺



          素麺もいつもは色もの入りはいただきませんが
          夕べは七夕でしたので、特別に五色素麺を準備していました。

          


le7juillet2009七夕箸包み



         お箸包みも昨夜は特別カラフル!!(笑
         食事をいただいた後は、短冊としてこれにお願い事を書きました。

         万葉集を紐解くと、130あまりの七夕歌がありますが、
         これらのすべてが織姫と牽牛の恋物語・・・
         そこには竹を飾る習慣も、願い事が叶うということも記されず・・・

         どうやら、願いが叶えられると伝承されたのは中国のようです。
         中国の古書には、富か長寿か子孫のひとつだけを乞うと叶うとあります。
         
         短冊を飾る慣習は、室町時代に遡ると記録があるそうですが、
         竹を使う習わしは「太平記」の時代にようやく記されているようですよ。


         さて、食卓にお話を戻します・・・         



le7juillet2009山形小なす                    深皿/三谷 龍二



          ガラス器ばかりですと、テーブルが冷たくなるので
          三谷龍二さんの木の器↑や、赤木明登さんの漆器↓をサジ加減で。
          どちらも我が家の定番の器たち・・・




le7juillet2009須賀川ミニきゅうり                      漆器/ 赤木 明登



          お漬物の小なすは山形産、
          ミニきゅうりは須賀川(福島)産・・・
          どれもいただきものですが、とても美味しかったです。




le7juillet2009ガラス鉢by安土忠久                      ガラス鉢/安土 忠久



          色麺の緑には抹茶、赤には梅、黄色には鶏卵、
          そして薄茶色にはそば粉が使われています。




le7juillet2009五色素麺



           彩りにオクラの星飾り・・・
           お刺身用の活車海老は、お鍋の中で
           まだピョンと跳ねているうちに取り出し、
           プリンプリンの食感を愉しみました。




le7juillet2009ぐらすby安土



           器の類を、棚にしまっておくのは好きではなく
           ですので、すべて日常つかいにしていますが、
           それでも毎日使うものは、おのずと絞られてきます。

           そういう意味で、安土忠久さんのガラス器は
           絶えず食卓に登場させるものであり、飽きないのです。

           飾らない自然体の作家さんの姿勢がそのまま映る器たち・・・
           絶えず触れていれば、尚いっそう愛着もわくのですね。
           



le7juillet2009七夕短冊



                七夕の夜、皆さんは何をお願いされたのでしょう?



                     安土忠久
           ===============================
                   『ガラス工房 あづち』 主宰

                      ガラス工芸作家。
                   1947年(岐阜・高山)生まれ
           農業の傍ら山の中でひっそりガラス器を創られています。
              1993年、ニューヨークで個展も開催されました。
           ===============================

                                           ガラス工房 あづち
                      ===============================
                                     岐阜県高山市松本町999-6
                                      TEL ;0577-33-6419
                        OPEN;9:00〜17:00 
                         不定休 Pあり
                      ===============================




Tableware(うつわ&テーブル・モチーフ)) : comments(2) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








はじめまして
いつも素敵なブログですね。
安土忠久のへちかんだグラスを愛用しています。残念ながら工房に行けてないですけれど
いつか訪ねてみたいと思います、
工房は高山市にあるのですか。
それと余計なことですけど、安土忠久のプロフィールの欄の年号の数字がひとつ消えているので気になって書き込みました。
posted by おせっかい : 2009/07/09 5:09 PM :
おせっかいさん
ようこそ♪はじめまして!

ご指摘、ありがとうございました。
訂正させていただきました。
そして、工房の住所も追記しましたので、
お時間がございましたら、ぜひお訪ねくださいね。

安土さんのグラスを使われているのですね!!
手のなかにほっこりおさまり、
口当たりもやわらかですよね!

おせっかいくださり、感謝しています。(笑
大好きな作家さんなんです。
posted by le Magazine ★ Richesse : 2009/07/10 9:18 PM :
<< NEW : TOP : OLD>>