le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

錦秋の荒池、そして公開間近の名勝 @ 奈良



奈良公園荒池2009_01                        奈良公園 荒池





奈良公園荒池2009_02


           錦秋の荒池・・・
           池のまわりの木々は見事な秋色に染められていました。




奈良公園荒池2009_03                      奈良公園 荒池


      荒池には春日山に発する率川(菩提川)からの水が貯えられています。
      奈良ホテルに滞在すると、この荒池に架けられた橋を
      何度も何度も、テクテクと行ったり来たりしています。

      奈良公園と調和しながら美しい景観を呈し、
      散策する人々に潤いをもたらしてくれています。
        
      橋のたもとには、鹿たちが寄り添うように日向ぼっこ・・・
      なんとも愛らしい姿に、しばし足を止めてしまいます。


            
            そして、こちらは奈良ホテルに隣接する旧大乗院庭園です。


名勝 旧大乗院庭園2009秋_                     名勝 旧大乗院庭園

        
        池とその周囲を廻る園路が中心の「池泉回遊式庭園」です。
        わずかに色づき始めた木々の葉に秋の気配・・・

        室町時代中期の造園の第一人者は、「善阿弥」と云われ、
        これは「善阿弥」の造った庭の現存する唯一のもの、と
                案内にありましたが、義政が寵愛したという「善阿弥」に関して
        様々な情報が飛び交い、唯一かどうか定かではありません。

        ですが、いずれにしても「善阿弥」とその子が造ったのは
        間違いのないことのようで、庭園史上に於いてこの庭は、
        大変重要な位置にあるようで、国の名勝に指定されています。

        朱塗勾欄橋が目に眩しいほど鮮やかでした。
        この橋は、平成4年に架け替えられたばかりだそうです。

        もとは興福寺の領内にあったとされる大乗院は、明治維新の
        廃仏毀釈までは最高の格式を誇る門跡寺院だったそうです。

        平安末期に造園された庭でしたがその後、「善阿弥」により
        浄土庭園に改造され、浄土教の思想を反映させたのだそうです。


                                        名勝  旧大乗院庭園
    ====================================== 
                   奈良県奈良市高畑町1083-1
                                      (昭和33年 名勝指定)
               管理団体:(財)日本ナショナルトラスト
   ● 現在は、2010年の公開に向けて「奈良国立文化財研究所」により
     復元工事が進められていますが、庭園南の博物館から一望できます。
             博物館のOPEN:9:00〜17:00  月曜定休
             お問い合わせ:0742-24-0808
   ● 「旧大乗院庭園」の写真は奈良ホテルから撮ったものです。


          ※ 奈良公園、荒池の鹿たちのスナップはこちらです⇒ 
                  神様のお使い by le Magazine ★ Richesse

              ※ 奈良ホテル2009関連アーカイブ⇒ & 
Scene(風景) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>