le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

Valentine's Day ★ 楽々イタリアン・ドルチェ!準備編


Valentines Day-kitchen                                    Classic Italian Savoiardo


           昨夜のキッチンから・・・
           これは、常備しているとなにかと便利なビスケットです。

           これに、マスカルポーネとカカオパウダーがあれば、
           あとはどこのお宅でも(たぶん)常備のもので
           超簡単ティラミスの出来上がり!今さらですがご紹介です。

           


    
                     Savoiardo と Mascarpone


         
         友人からこのSavoiardoと、作り方を教わって以来、
         とても気軽にティラミスができるのでストックしています。
         
         我が家の角キャセロールの場合、1回で7本半使います。
         今回は、本日仕事でお会いした方たちのためにも
         丸型と角型、3キャセロールを作ってお持ちいたしました。





         
                  はじめにSavoiardoをキャセロールに並べますが、ここに
         エスプレッソと、あればリキュールをまわしかけておきます。
                  (Disaronno Amarettoをエスプレッソにブレンドしています。)

         Amaretto(アマレット)は杏(核)と香草エキスのリキュールで
         その風味からアーモンド・リキュールと呼ばれることもありますが
         よく知られていることですがアーモンドは使用されていませんね。

                  イタリアン・ドルチェには欠かせないので常備していますが、
         いろいろ試した結果、ティラミスの隠し味にはやはり好相性です。
         (エスプレッソにはショコラやナッツのフレーバー豆もお試しあれ!)
         
         エスプレッソとアマレットの割合は半々くらいで...
                  (もちろん、お子様用ならリキュールはやめます)
         量は好みで目分量ですが、ヒタヒタ過ぎると食したとき寂しい...
         ある程度、savoiardoの存在感は欲しいです。(笑         
         

                 


         卵黄に砂糖を混ぜたら、ここにマスカルポーネを加えます。
         今回は大量でしたから1125gを使いましたが、通常家庭なら、
         目安としてはマスカルポーネ250gに卵黄(中)2個くらいでしょうか。
         砂糖は70〜80gでもけっこう甘いのですが、もちろんお好みで!

         あとは、メレンゲをここに加えブレンドしますが、
         できればメレンゲのふんわり感を潰さないように...
         最後はキャセロールに流し込み、冷蔵(5時間ほど)するだけです!




   
           
        
         注:メレンゲはしっかりと角が立つまで泡だてます。   
            でないと出来上がりが流れやすくなります。             
            (写真上左:途中の段階で、まだゆるめです)  

           昨夜は、ここまでの準備で冷蔵庫に入れ寝ました。

           カカオパウダーは、召し上がる直前にまぶした方が、
           アロマもほどよく楽しめ、ショコラカラーが際立ちます。   
                      (カカオパウダーだけは今朝撮ったもの。)
                


         キャセロールで作る利点は人数制限がないこと...
         日常でもゲストが予定より多くいらしても慌てることもなく、
         少しずつ取り分けてお出しできるので便利です。

         今日のようなバレンタイン・デーは
         有名メゾンのショコラが集中しがちですが、
         そんな中でも、肩の力を抜いたこんなひと品は、
         プレッシャーを与えることもないようで喜んでいただけました。
         
         感謝の気持ちを伝えるのには十分なスイーツかもしれません。
         

         <材料>         
         ビスケット(Savoiardo)
         マスカルポーネ(Mascarpone)
         リキュール/アマレット(Disaronno Amaretto)  
         エスプレッソ
         新鮮な卵
         砂糖
         カカオ・パウダー
         塩(メレンゲ用に少々)

         * ティラミス作りに欠かせないマスカルポーネは、今や
           どこでも入手可能になりました。
                  * このティラミスの出来上がり写真はこちらに!⇒
                 


2010Valentines Day-kitchen (roast almond)                     ローストのアーモンド


         ところで・・・
         昨夜はあまりに手抜きのヴァレンタイン・スイーツでしたので
         今朝起きて、急遽もうひと品増やすことにいたしました。

         いつだったか、とあるカフェで出合ったアーモンドのショコラ...
         それが美味で忘れられなくて、試してみようと思い立ちました。
         
         ローストアーモンドに熱々のショコラでコーティング!
         パットに広げて冷まし、カカオパウダーをまぶすだけですが...
         粉砂糖バージョンも楽しいです。
         こちらも超簡単レシピ!(笑
         仕事に出かける前で、写真を撮る余裕はありませんでした。(笑
         アマンド・ショコラの仕上がりPhotoは、またの機会に...                           

         
         そういえば、今日は日曜日なのですよね!
         素敵なヴァレンタイン・ナイトをお過ごしくださいませ。



---------------------------------------------------------------
● ヴァレンタイン・デーの関連TOPIC
2010 Valentine's Day ★ ティラミスな夜 2010/2/15
ヴァレンタイン・デーのメイン・スイーツ、今年はティラミスでした!
                                          by le Magazine Richesse
----------------------------------------------------------------


VICENZI GROUP
====================================
VICENZI BISCOTTI S.P.A.
Via Forte Garofolo, 1
37057 San Giovanni Lupatoto (VR)
Italia
TELl : 0039 045 8262800
FAX : 0039 045 8262870
http://www.vicenzi.it/en-US
* Photoのパッケージは「Vicenzovo 400g入り」です。
Kitchen(キッチン) : comments(0) : trackbacks(0) : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://richesse.jugem.jp/trackback/247
<< NEW : TOP : OLD>>