le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

犬山城下の文化財 〜旧奥村邸〜 @ 愛知県犬山市
 

le13mars2010愛知県犬山(白帝)城                       犬山城 (愛知県犬山市)

      
      雨の夜になりましたが...
      写真は先回に引き続き、犬山市です。
      名鉄犬山ホテルのパーキングエリアから眺めた犬山城です。      

      ですが、お城には寄らず今回は歴史ある町並みから...
      戦後の高度経済成長期には、古い建物がずい分と壊されたようですが
      各地で街の近代的化が進む中、この犬山は幸いにもその難(?)を逃れたそう...
        



犬山市 奥村邸跡 01s



         以前から気になっていた「奥村邸」のこのサイン...

         魚屋町から余坂にかけ、歴史ある建物が並んでいますが
         こちらは江戸時代に建てられた豪商の屋敷、「旧奥村邸」です。
         今回、初めて邸内を拝見させていただきました。





犬山市 奥村邸跡                  登録有形文化財 「奥村家住宅」



          建物には、「創作フレンチなり多」の看板が掲げられ、
          リノベーションされた後、お食事処となっています。

          屋敷の前に掲げられていた「犬山市教育委員会」の案内によると、
          主屋は天保13年(1842)の大火の後の建造だそうですが、
          その後、明治32年(1899)に大規模な修理が施されたとありました。

          江戸後期の犬山城下の町屋の形態をとどめている点、
          明治期の改造後も近代町屋の変遷を伺える点、
          などの理由で有形文化財として登録されたようでした。



犬山市 奥村邸案内                  奥村家住宅案内 by 犬山市教育委員会
                   クリックで読みやすくなります
          

           ちょうど夕食時で、屋敷の見学のみでは申し訳なく
           予約はしていませんでしたが、お食事をすることに...  
          




犬山市 奥村邸跡(フレンチなり多)庭園                      旧奥村邸「庭と離れ」


        ストーヴで暖められた、主屋のテーブル席に通されました。
        肌寒い日でしたから、室温を保つため障子を開けられず
        ダイニングからの眺めは叶いませんが、縁側から拝見できました。

        造型の意思が非常に明確な庭で、灯篭が随所にあしらわれ
        歳月が刻まれたことでさらに力強さが浮き立ったように見えました。   
            



奥村邸跡(フレンチなり多)店内                   旧奥村邸 主屋のテーブル席


        
        お料理はシンプル...        
        
        

      パンは自家製でバターとバジルソースが添えられていました。
      お箸も用意されていましたよ。
   
      特記すべきは、お水・・・
      なんでも「奥村邸」の井戸から汲みあげられた地下水ということでした!
      これは「銀明水」として知られる縁起のいいお水なのだそうで、
      戦国時代、あの織田信長が出陣の時に飲んだ水ということでした。  
   
      

 


      ダイニングに、雅な「内裏雛」が飾られていましたが
      デザートにもパステルなお雛様カラーが...

      邸の構えとは異なり、気軽に利用できる洋食屋さんといったところでしょうか。 
      文化財ということで観光スポットして紹介されているらしく満席でした?!
       
      フレンチレストランとして営業されていますので
      当然ですが、屋敷の隅々までは拝見できません。

      お忙しそうで、訊ねるのも申し訳なく遠慮しましたが
      離れや蔵などもゆっくり見せていただけるといいですね。 
      
      帰り際、レジにいらした(なり多の奥さまらしき)女性が...
      物腰柔らかく、大変丁寧な応対で好印象でした。
      レストランとしての「なり多」は今年8周年を迎えられるということです。


      ところで...
      こちらは犬山のお土産に買い求めた桜屋さんの和菓子です。
      銘菓「有楽風/うらくかぜ」は、「有楽苑/うらくえん」でも売られています。
      

有楽風 犬山桜屋菓舗製                   有楽風 御菓子処「桜屋」製


      「有楽(うらく)」とは織田信長実弟、織田有楽斎のこと、
      武家を捨て隠棲した、尾張が誇る茶匠として知られていますね。

      犬山には国宝茶席三名席のひとつ「如庵」が、有楽苑内に現存しますが、
      その「如庵」に連なる「旧正伝院」の呈茶席でもいただける御菓子です。



     


              有楽風...
                            春一番が吹いたそうですが、この「有楽の風」も力強そう!
              季節により、パターンはいろいろのようです。

              お抹茶を点てダイニングでいただきました。ごちそうさま。




-------------------------------------------------------------------
2010犬山市関連記事
春は足踏み... @ 愛知県犬山市 (名鉄犬山ホテル 2010/3/14
--------------------------------------------------------------------

登録有形文化財 旧奥村邸
===================
愛知県犬山市犬山東古券395
*邸内にレストランがあります。
 「創作フレンチなり多
    TEL;    0568-65-2447
  Lunch 11:00~
  Dinner18:00~
*Pあり

有楽苑 国宝茶室「如庵」
===================
犬山市御門先1
TEL; o568-61-4608

御菓子処 桜屋
===================
愛知県犬山市駅前通り下本町
TEL; 0568-61-1537
Heritage(史跡・文化財) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>