le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

芸術の村 北大路魯山人の旧居「春風萬里荘」                  @ 笠間日動美術館 分館


                         
                    芸術の村 「春風萬里荘」 
                   (マウスをのせると画像が変わります)

笠間の街を包んで広がる丘陵地帯は「芸術の村」として知られています。
ここには、画家や陶芸家、彫刻家、染織家などのアトリエが点在して、
以前ご紹介のガラス作家さんの「GALLERY SORA」もこのエリアにありました。

この芸術村のほぼ中央に位置する「春風萬里荘」を訪ねました。
この門をくぐる北鎌倉から移築された北大路魯山人の旧居が佇んでいます。



笠間日動美術館分館 春風萬里荘 04                             北大路魯山人の旧居「春風萬里荘」 


以下 「春風萬里荘」のリーフレットより
昭和39年(1964)、洋画家・浅井閑右衛門と小説家・田村泰次郎が、長谷川仁(笠間日動美術館理事長)と笠間を訪れた折、笠間にあったアトリエを作りたいという作家達の要望から「芸術の村」の構想ができました。昭和40年には北大路魯山人が住居とした三百平米の茅葺き民家を北鎌倉より移築し、「春風萬里荘」と名付け「芸術の村」は開設されました。「春風萬里」とは李白の漢詩にある言葉で、北大路魯山人が好んで用いていました。




笠間日動美術館分館 春風萬里荘 03


陶芸家であり美食家でもあった北大路魯山人の、昨年は没後50年でしたね!
各地の関連イベントを耳にしましたが、ここ春風萬里荘でも野点茶会が催され、
この茅葺き民家の前にひろがる庭園は多くのひとで賑わったそうです。




春風萬里荘庭園  




豪農屋敷・長屋門につづく橋                           




春風萬里荘庭園 睡蓮の池と太鼓橋




          
          睡蓮池の淵の花菖蒲のイエローが彩りを添えていました。
                     (マウスONで画像がかわります)



春風萬里荘 露地





          
                        茶室 「夢境庵」

母屋の縁側から眺めたガラス戸越しの茶室「夢境庵」です。
これは、北大路魯山人が自ら設計したものだそうで、手本としたのは
裏千家・千宋旦(利休の孫)による名茶室「又隠/ゆういん」だそうです。

控えの間と、四畳半本勝手、洞車口水屋という造りで、
床の間には、まさに茶の湯空間ならではのお軸が...

仮に茶会ならば、躙口(にじりぐち)をくぐり初座でまず、
床の間にかけられた掛け軸と炉の釜を拝見するのですが...
簡潔な「一期一会」という書は、やはり格上ですね。

茶の湯は五感に加え心で味わうものだと習いましたが、改めてそれを思いました。
笠間日動美術館創業者、長谷川仁氏による印が記され見入ってしまいました。




春風萬里荘 茶室「夢堺庵」より                     茶室「夢境庵」から望む




春風萬里荘 石庭 01                       春風萬里荘 石庭

茶室からも広間からも、この枯山水による石庭を眺められます。
京都・龍安寺を模してつくられています。
石庭を眺めながら、この縁側ではお抹茶(お干菓子付)をいただけます。




春風萬里 茶室から望む母屋                       春風萬里荘 母屋


星岡窯の母屋として使われていたこの「春風萬里荘」の内部は、
北大路魯山人が住んでいたままに残されているようでした。

玄関を入りますと土間の左手には、木レンガを敷いた洋室もあります。
石積みの暖炉も設えられ、もとは馬屋を改築したというだけあり趣あるものでした。
土間の並びには「茶房」↓ が設けられ、この先の浴室も公開されていました。



 春風萬里荘 茶房「春風庵」                     春風萬里荘 茶房「春風庵」

             茶房「春風庵」では、庭園を望みながら
             コーヒーや紅茶もいただけるようです。




-----------------------------------------------------------------------
● 「笠間日動美術館」関連記事
  花の女 フランソワーズ・ジロー ピカソ、マティスとともに
    「花の女」フランソワーズ・ジローに魅せられて...@ 笠間日動美術館  
● 笠間市 「芸術の村」ギャラリー
    OTA GLASS STUDIO/GALLERY SORA @ 茨城県笠間市 
● 笠間市 評判のお蕎麦やさん
  そば切り「一兵衛」の常陸秋そば@茨城県笠間市
-----------------------------------------------------------------------



笠間日動美術館 分館
北大路魯山人旧居 「春風萬里荘/Shunpu Banri So」
============================================
茨城県笠間市下市毛 芸術の村
TEL 0296-72-0958
www.nichido-garo.co.jp/shunpu/
OPEN 9:30〜17:00(16:30)
     10:00〜16:00(15:30) 12月〜2月
CLOSE Mon.
      展示替え期間

Galerie nichido
=======================================
http://www.nichido-garo.co.jp/index.html

Heritage(史跡・文化財) : comments(2) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








ご無沙汰してしまいましたぁ!
リンク、ありがとうございます。
Richesseさんのブログの、なんというかハイクラス感に適うカキコ、できないなぁなんて思って控えてましたが、性懲りもなくまたお邪魔させていただきます!
(いいのかな・・・)
posted by josh : 2010/06/04 8:23 AM :
joshさん
お返事が遅れましてごめんなさい。

こちらこそ、Book Markしてくださりありがとうございます。
ずっと気付かずにいて、お礼が遅れました。
いつも、本当にありがとうございます。
ところで、あちらのマガザン(URL)を変更していますので
この場をかりてお知らせいたします。
(サロメから跳べます)
posted by le Magazine ★ Richesse : 2010/06/06 11:41 PM :
<< NEW : TOP : OLD>>