le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

桐島洋子さんの骨董物語                         POLAミュージアムアネックス@銀座


POLA MUSEUM ANNEX/ポーラ ミュージアム アネックス 2010 骨董物語/桐島洋子                 POLA ミュージアム アネックス(銀座)


ポーラ銀座ビル3Fのギャラリーに立ち寄りました。
「POLAミュージアムアネックス」では「桐島洋子 骨董物語」展を開催中です。
作家の桐島洋子さんが収集された洋の東西を超えた骨董を鑑賞できます。

桐島さんのお宅に伺ったことはありませんが、
ギャラリーには桐島さんらしい淡々とした空気が漂い、
まるでお部屋を覘かせていただく気分でした。

これまでに、桐島さんのお人柄に触れる機会があり、
それはいずれも知人が主催したお食事会でのことでしたが、
穏やかで飾り気がなくとても素直な女性という印象を受けました。
今回、そんな方のコレクションならば是非拝見したいと楽しみに伺いました。


ギャラリーにはビデオが流れ、桐島さんの声に耳を傾けながら鑑賞しました。
骨董との出会いや、その背景にある物語を丁寧にお話になり、
それは桐島さんの骨董への想いの深さを感じさせるものでした。

桐島さんにとって、骨董は物であって物でないとお話されています。
それは時間の結晶であり、想いの結晶であるという...
月日が経つほどに輝きを放つ骨董の美しさが、励ましになるのだそうです。

まるで子供が宝探しをするように収集を楽しんでおられるのが微笑ましくもあり、
我が子のことを語るように愛情を注がれるご様子に、母の姿を重ねたほどでした。

桐島さんが骨董に魅了され、熱心に収集を始められたのは50代...
子育てを終えられ、残りの人生を意識しはじめた頃からだそうです。
手の届きそうな簡素なものから、歴史的資料としても貴重な高価な品まで、
ジャンルの枠を超えたそのコレクションを拝見するのは楽しいひとときでした。



               ---------------------------------------------
                      桐 島 洋 子
                    骨 董 物 語
                  2010/7/10(Sat) 〜 8/22(Sun)
                POLA MUSEUM ANNEX 3Fギャラリー
               ---------------------------------------------
                     


私自身は骨董を収集する趣味を持ち合わせてはいませんが、
祖父母や両親から受け継いだ物たちが、我が家の骨董であり、
そのどれもが家族の歴史が刻まれたものばかりです。

特に母は作家名から入る人ではなく、それを誇りに思いますし
また、そんな母からは物のよさを見つけ出すことを習ったような気がします。

美しくて、品があり、端正なものたち...
身のまわりには好きなものを並べて暮らしてしますが、
骨董に関しては、今あるものたちを慈しみながら大切に丁寧に扱うことで
ひとつの責任として次の世代に繋げてゆければという思いでいます。



ポーラ銀座ビル                       POLA 銀座ビル


*桐島洋子さんのプロフィールについてPOLAのHPからどうぞ...
  会期中には、桐島さんも在廊される日があるそうですよ。


ポーラ ミュージアムアネックス/POLA MUSEUM ANNEX
=========================================
東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル 3F
http://www.pola.co.jp/m-annex/
TEL: 03-3563-5501 
OPEN:11:00〜20:00
無休


Event Space(ギャラリー) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>