le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

ポーラ美術館コレクション展@名古屋市美術館                     〜印象派とエコール・ド・パリ〜

名古屋市美術館             Nagoya City Art Museum/名古屋市美術館


闇の中に浮かぶのは、白川公園内に佇む名古屋市美術館(南側)です。
開催中の、ポーラ美術館コレクション展「印象派とエコール・ド・パリ」へ...

ずい分前に招待券を戴きながら、昨夜ようやく訪ねることができました!
名古屋では暮れの「ヤマザキマザックMuseum」以来、久々の美術館訪問です。
金曜の夜間に開館(午後8時まで)というのは、本当に有難いですね。

昨夜は少し改まった新年会の後、フォーマルな装いのままで滑り込みましたから、
(まだまだ続く新年会...苦笑
おのずと絵画鑑賞の姿勢にも、いい意味での緊張が加わりました。。

背筋もいつになくシャンと!!
するとどうでしょう。
馴染みのある作品ばかりの、「印象派」や「エコール・ド・パリ」のはずですが、
ラフな装いで立ち寄る時とは異なり、1点ずつきちんと向き合う鑑賞ができました。

観る側の姿勢や心のあり方で、如何様にも感じとれるのがアート、
絵画もまた然りと、今更ながら思うのでした。



ポーラ美術館コレクション展-印象派とエコール・ド・パリ-2010.12.7-2011.2.6 名古屋市美術館

       
----------------------------------------------------------------
MASTERPIECES FROM THE POLA MUSEUM OF ART
ポーラ美術館コレクション展

印象派と
エコール・ド・パリ

2010.12.7(Tue.) 〜 2011.2.6(Sun.)

Nagoya City Art Museum
名古屋市美術館
-----------------------------------------------------
主催:名古屋市美術館・中部日本放送・中日新聞社・TBS
    公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
後援:フランス大使館・愛知県.岐阜県.三重県各教育委員会
協力:名古屋市交通局・日本通運   企画協力:テモアン



本展は、ポーラグループのオーナー鈴木常司氏のコレクションの中核をなす、
19Cフランス印象派からエコール・ド・パリまでの選りすぐりの作品展です。
以下は案内に載っていた印象派画家の括りです。

Impressionnistes
ルノワール / モネ / シスレー / ピサロ / ギヨマン / セザンヌ / ゴーガン
ゴッホ / スーラ / シニャック / クロス / プティジャン / シダネル / ルドン / ロートレック

瞬時にとらえた色彩と光、そして陰影の内なる印象...
それらを主観的に表現した巨匠たちの作品を、改めてじっくり観ていると、
ファンクショナルな和声や調観念を脱した音楽が、淡々と脳裡をよぎりました。

この時代は絵画にとどまらず、詩や音楽の描写も
どんどん、主観的な表現になっていったのでしたね。


そしてこちらは、本展で観られる「エコール・ド・パリ」の作家たちです。

École de Paris
ピカソ / ユトリロ / ローランサン / ヴァン・ドンゲン
パスキン / モディリアーニ / スーティン / キスリング / フジタ / シャガール

20C初頭のパリで、当時のイズムからは離れて生きた画家たち...
彼らは、心象風景を描きながら、ある意味「自由」を謳歌したパリ派です。
憂愁が色濃く写しだされた作品の数々も観ることができました。

特記すべきは、門外不出とされていた「パブロ・ピカソ」の「海辺の母子像」でしょうか。
青い闇のなかで、子を慈しみながら抱いている女性がひっそりと佇んでいます。
手にする花の赤は強烈で、インディゴやコバルトの放つ神秘を際立たせています。
足元に打ち寄せる波は動きを止めて、まるでこの母子を見守るかのようにも...
「青の時代(1901〜1904)」とされる1902年に描かれた代表作だそうです。
この絵の前に佇むと、思わず祈らずにはいられない不思議な感覚に囚われます。

ところで、箱根のポーラ美術館は、立地も含めて好きな美術館のひとつ...
開館以来、四季を通じて出かけていますので見慣れた作品もありましたが、
そこで対峙する作品は、どうやら周りの風景と相まってより哀愁を帯びるようです。
収める箱が違うと、アートは異なるメッセージを投げかけてくるものですね!
本展覧会は、全体に主張し過ぎないシンプルな構成で淡々と鑑賞できました。


ところで、今回もやはり目に留めたのは、「ポール・ゴーガン」のこちら
後期印象派とされるゴーガンの、いわゆる印象派画風からは遠い作品ですが...


MASTERPIECES FROM THE POLA MUSEUM OF ART: The White Tablecloth / Paul Gauguin 1886
ポーラ美術館コレクション
The White Tablecloth / Paul Gauguin 1886


南米育ちのゴーガンの、こんな「繊細さ」に出合うとちょっと嬉しくなります。
実はパリ生まれだと伺えば、妙に納得もしたり...
あのモーリス・ドニが、この絵を所有していたらしいのですが頷ける話です。

カトリックでは聖母の被昇天祭りの慣習として、身近な人に感謝の意を示しますが、
Pont-Aven に滞在中のゴーガンが、ペンションのオーナー夫人に贈った絵だそうです。

特にセザンヌを彷彿させる、バックの色彩に魅了されるのですが、加えて
フラワーモチーフにも、セザンヌに傾倒していたゴーガンの心情をみてとれますね。
テーブルに配されたブルゴーニュ特有のカラフェの絵付けも愛らしいこと...
日頃抱いているゴーガンの印象とは、また異なる作品という意味で興味深いです。



名古屋市美術館_ポーラ美術館コレクション展(印象派とエコール・ド・パリ)


「ポーラ美術館 コレクション展」は、明日(2/6)まで。
このところ、「印象派絵画展」の洪水に浸る日本列島(?)で、
溺れそうではありますが、訪れてみれば新たな発見も...。

次回は、ゴッホ展ということで、そちらのチケットも戴いています。
また、楽しみに伺いたいと思います。



  2011/8/10 UP
------------------------------------------
レンブラント
〜光の探究 /  闇の誘惑〜
見よ、天才レンブラント
2011.6.25(Sat.) 〜 2011.9.4(Sun.)
Nagoya City Art Museum
名古屋市美術館
------------------------------------------




名古屋市美術館
===============================
名古屋市中区栄二丁目17番25号(白川公園内)
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/index.shtml
TEL;  052-212-0001 
OPEN;9:30〜17:00
CLOSED;Mon


■ 名古屋市美術館・次回企画展はこちら
-------------------------------------------------
The Adventure of becoming an artist
Van GOGH / ゴッホ展
〜こうして私はゴッホになった。〜

2011.2.22(Tue.) 〜 4.10(Sun)
-------------------------------------------------


箱根ポーラ美術館
POLA MUSEUM OF ART

===============================
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285
http://www.polamuseum.or.jp/
TEL; 0460-84-2111
OPEN; 9:00~17:00(16:30)
無休(展示替えの臨時休館あり)・Pあり(¥500)

● 箱根ポーラ美術館関連記事 by Richesse
箱根ポーラ美術館/ボナールの庭、マティスの室内―日常という魅惑






Art ☆Museum(アート・美術館) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>