le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

2011 如月のお伊勢参り 〜伊勢皇大神宮〜

le12fevrier2011_isejingu_naiku                   伊勢 皇大神宮(内宮) 宇治橋鳥居 


一昨日の土曜日、ようやく今年もお伊勢参りへ...
伊勢市を流れる五十鈴川の、川上に鎮座するのは「皇大神宮(内宮)」です。
写真はその表玄関、宇治橋の大鳥居前です。

お伊勢参りと云っても仕事がひと段落ついた後、夕刻の参拝で
神さまには申し訳なかったですが、内宮のみの「駈け足詣で」となりました。

※伊勢(神宮)詣は、外宮⇒内宮へと参るのがならわしだそうです。
 実際、主だった祭事は外宮が先、内宮が後に執り行われています。

お時間のある方、よろしければご一緒に...



伊勢内宮_宇治橋                      伊勢神宮 宇治橋


五十鈴川に架かるのは、一昨年架け替えられた白木(檜)造りの宇治橋です。
鳥居の前で一礼して、この橋を渡ります。



五十鈴川                    宇治橋より望む五十鈴川


橋の向こうの内鳥居を潜って、玉砂利を踏むとそこは厳かな「神苑」です。
さらに小さな火除け橋を渡ると、まもなく「手水舎」が...



伊勢_皇大神宮(内宮)手水舎                    皇大神宮(内宮) 手水舎



手水舎(てみずや)          


          手水で清めましたら、広い参道を一の鳥居へ...



伊勢神宮_内宮第一鳥居                   皇大神宮(内宮) 第一鳥居


伊勢神宮に魅かれる訳は、その広大さにもあります。
宇治橋を渡ってから、御正殿までとても遠いです。
樹齢数百年とされる鉾杉の森、玉砂利が敷き詰められた参道...

例え慌ただしいお参りではあっても、この長い長い参道のお蔭で、
玉砂利を一歩一歩踏みしめる間、じっくり自分と向き合うことができます。
伊勢神宮はスケールが違うのですね!
最も、何よりも魅了されるのは、「簡素な佇まい」にですが...




伊勢_皇大神宮(内宮)五十鈴川御手洗場(みたらし)                    五十鈴川御手洗場(みたらし)


参道から、石畳を降りると五十鈴川の川岸へ...
昔の人たちは、この川に入って禊(みそぎ)をし、心身を清めて参拝したのでしょうか。
この清流に佇むと、迷いとかのネガな思いはすべて洗い流されるような気がします。



伊勢_皇大神宮(内宮)__内宮第二鳥居                  皇大神宮(内宮) 第二鳥居


二の鳥居をくぐりますと、向こうには「御神札授与所」の灯りがみえます。
この辺りから鬱然さが増し、神宮の神秘性が際立つようです。

     

伊勢_皇大神宮(内宮)神楽殿                                        内宮神楽殿


                      お守りを受ける「神楽殿」です。
                      この御殿で御祈祷のお神楽が行われます。
                      前々日の雪が屋根に残っていました。



伊勢_皇大神宮(内宮)_参道


           長い参道を歩いて、体もポカポカする頃に
           ようやく御正宮の石段に辿り着きます。



伊勢_皇大神宮(内宮)_御正宮の石段                                         皇大神宮(内宮) 正宮


そういえば、「大地の神」を祀る外宮の御正宮は平地にありましたが、
ここ内宮の御正宮には、「天の神」が鎮座されるので高い処にあるのですね。

石段の上の五重の垣根に囲まれた御正殿...
それは決して触れることの、いえ目にすることさえ叶わぬ「天」です。
(むろんカメラもここまで、この先は撮影できません。)

大樹の中に隠れるように佇む神殿は、全景を現すことはありませんが
この国では最も古い建築様式で、高床式の米倉が原型だそうです。
それは他の神社とは異なる、「唯一神明造」と呼ばれるものだそうです。

ここには、ありとあらゆる生命を育む太陽神「天照坐皇大御神」が祀られています。
「天照大御神」と云えば、いうまでもなく日本の神さまの最高位...
伊勢神宮の揺るぎない地位は、高天原を治める、この太陽の女神にあるようです。


さて、御正殿から参道を、先述の「神楽殿」まで戻ります。
「御神札授与所」の向い側、別宮の神さまへも参るためです。
(昨年は暗くなりすぎて、こちらが撮れませんでした)


風日祈宮橋(五十鈴川橋)鳥居                    風日祈宮橋(五十鈴川橋)の鳥居


別宮へはこの鳥居をくぐり、小さな「風日祈宮橋」を渡ります。
宇治橋によく似たこの橋、またの名を「五十鈴川橋」とも呼ぶそうです。



皇大神宮別宮_風日祈宮橋(五十鈴川橋)                     風日祈宮橋(五十鈴橋)


なんとも神秘的で、実は内宮境内では最も好きなエリアです。
鬱蒼とした森のなかにひっそりと、別宮の「風日祈宮」が鎮座しています。



伊勢_皇大神宮別宮_風日祈宮(かざひのみのみや)               皇大神宮別宮 「風日祈宮(かざひのみのみや)


なんと慎ましやかな佇まいでしょう...
よくある煌びやかな神殿には、戸惑いを覚えることもありますが、
神宮のこの簡素で美しい社殿には、心が洗われるのですね。

この「風日祈宮」のご祭神は、風の神さまということで、 
「級長津彦命(しなつひこのみこと)」と、
「級長戸辺命(しなとべのみこと)」と呼ぶのだそうです。

難しいことは解りかねますが、外宮の「風宮」と同じ御祭神なのですね。
どうやら雨風をコントロールして、五穀豊穣を助けてくれる神さまのようです。

ここには御正宮のような賑わいはなく、静寂の中で祈りを捧げられます。
ふと思い出すのは子供の頃、食事のときの祖母の言葉です。
「お米は粒々辛苦なものだから、感謝して一粒も残してはいけませんよ」

五穀豊穣の祈りというよりは、まずは感謝ですね。
「いつも美味しいお米をいただくことができて、ありがとうございます」
そして、「どうぞ嵐のない凪の一年でありますように」とも...

境内には他に天照坐皇大御神の荒御魂(あらみだま)をお祀りする神殿も...
そちらは内宮第一の別宮「荒祭宮」で、外宮の「多賀宮」と同じ御祭神です。

別宮は、内宮や外宮の境内にとどまらず、境外も合わせると14にも上ります。
「伊勢神宮」というのは、内宮(皇大神宮)と外宮(豊受大神宮)というふたつの正宮に、
これら14の別宮や、さらに109もの摂社・末社を加えた総称をいうのだそうです。



五十鈴川                        五十鈴川


           祈りを捧げた後は、夕闇迫る宇治橋へ再び...
           神路山、島路山を源とする川です。



月                         神宮の空


如月のお伊勢参り...
立春はとうに過ぎ、ですが余寒なお去りがたき神宮でした。
見上げると、いつのまにやらお月さまが...
上弦から僅かに膨らんでいました。





----------------------------------------------------------------------------
● 昨年の初詣はこちらです↓ いつも変わり映えのないスナップですが...
2010 お陰さまの初詣 @ 伊勢・皇大神宮      by Richesse  2010/1/16
----------------------------------------------------------------------------
● こちらは、平成25(2013)年の式年遷宮に向けて出版された本です。

BOOK_伊勢神宮のこころ、式年遷宮の意味/小堀邦夫著.淡交社刊  

 「伊勢神宮のこころ、式年遷宮の意味
  小堀邦夫著 / 淡交社
  ISBN-10: 4473036952
  ISBN-13: 978-4473036957

 第62回式年遷宮の準備は平成17年より始まりました。
 20年に一度の神宮の大行事で、伊勢神宮の正宮と
 14の別宮の神さまに新居に遷っていただくようです。
-----------------------------------------------------------------------------



神宮(伊勢神宮)
-------------------------------------------------------------------------------
* 伊勢神宮の正式名称は「神宮」で、日本神社界の中心と云われます。
  (伊勢)神宮には、最も大きな内宮と外宮の他に125の神社があり、
  その大半をお参りすることができます。
  まず、外宮にお参りしてから内宮に参拝するのがならわしです。

豊受大神宮(外宮):ご祭神 豊受大御神(とようけのおおみかみ)
皇大神宮(内宮)  :ご祭神 天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)
--------------------------------------------------------------------------------
三重県伊勢市宇治館町
Official Site: http://www.isejingu.or.jp/


伊勢神宮(内宮)前 おかげ横丁
===============================
おみやげやお問い合わせTEL; 0596-23-8838
OPEN;9:30〜18:00(7.8.9月)
     9:30〜17:30(3〜6月・10月)
          9:30〜17:00(11〜2月)
http://okageyokocho.co.jp
http://okage.mobl (携帯HP



Temple&Shrine(神社・仏閣) : comments(2) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








Happy バレンタイン☆


Richesse様、少しご無沙汰いたしました。

ここ数年、お伊勢さんにお参りしていないので
blogを読んで
玉砂利を踏みながらご一緒させて頂いているような気持ちになっていました。

ひんやり し〜んとして清々しい
空気まで伝わってまいります。

ありがとうございました(^o^)♪


p.s 
おかげ横丁で
赤福餅を食べたいです♪

posted by riko : 2011/02/14 11:28 PM :


rikoさん

バレンタインは雪の東京です。
しかも、新年の集い(これで最後)なので、なんとも寂しい...苦笑

お伊勢参りをご一緒してくださったのですね!
撮った写真をすべてUPし、
とっても長くなりましたのに、
ご覧くださりありがとうございました♪

神宮に着いたのが遅い時間で、
参拝の後、覘いたおかげ横丁は
ほとんどのお店が閉じていました。
赤福も残念ながらいただけず...

伊勢神宮は広くて、本当に清々しいですね。
年に一度は訪れる神域で、心身を清めています。

rikoさん、帰りましたらゆっくりお邪魔させてくださいね。
posted by Richesse : 2011/02/15 7:45 AM :
<< NEW : TOP : OLD>>