le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

雪の本

20110215_084254_tokyo                                TOKYO 2011.2.15 08:42


ホワイト・バレンタインでしたね。
夕べは思わぬ大雪で、大困惑の東京の街...
明けて今朝も薄鼠色の空でした。


雪というと...
つい美しく詩化して、静かな気持ちで賞玩することに妙を得てしまいがち、

ですが、雪博士でいらっしゃった中谷宇吉郎氏によれば...
自然対流で上層に昇った温かい水蒸気が、気温の低いところで
昇華作用によって固化したものが、「雪」なのだそうです。

なるほどと、冷静にならざるを得ませんね。
...ということで、夕べは寝る前にこんな本を読んでいました。




BOOK 雪/中谷宇吉郎 著/岩波文庫                  「雪」 中谷宇吉郎 著/岩波文庫
                     ISBN4-00-311242-3


雪の結晶について、北海道における研究をベースに著された本です。
世界に先駆ける人工雪の実験により、雪の結晶の生成条件を明らかにされました。
気温や水蒸気の量の違いにより、雪の結晶はその形を異にするという...
科学の普及の重要性を説き、雪氷学の分野を打ちたてられた中谷宇吉郎氏の、
懇切丁寧な語りをたどるうちに、次第に科学的なものの見方も読みとれる本です。




20110215_102843_tokyo                                TOKYO 2011.2.15 10:28


ところで、今日の空...
朝の雲はどこかに消え、すっかり晴れ上がっています!
東京スカイツリーを望める(どこに?)、とあるホテルの35Fから...







BOOK(みる本、読む本、眺める本) : comments(4) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








Richesseさんは雪の科学にもお詳しいのでしたか?!ほんとに守備範囲が広い。しかも深い(ここが、joshの及ばぬとこですね。笑)。

ところで、この某ホテル、またはずれを覚悟で推測しますが、よくテレビで酔っ払いにインタビューするおっさんの街S駅近くの再開発地区とお見受けしましたが、さてはて…。
posted by josh : 2011/02/16 8:22 AM :
おはようございます(^o^)♪


雪の本

雪の文様の本かなぁ?と思っていましたら
何やらムズカシそうです・・^^;


35Fからの眺めですが
写真の中央あたりに
ちょこんと生えてるツノみたいなのが
スカイツリーでしょうか?(@_@)?
posted by riko : 2011/02/16 8:45 AM :


joshさん

>雪の科学にもお詳しいのでしたか?!
とんでもない...
これは、自然現象への興味を喚起されるもので、
門外漢にも、けっしてハードルは高くない本です。

フィーリング人間なのですが、
仕事柄、自然科学にも向き合わねばならず、
(雪とは無関係です)
冷静で謙虚で、文章も正確な、
中谷宇吉郎の本には助けられています。

彼は実験物理学者でしたが、一方では
「雪は天からの手紙」と詩的な言葉も遺しています。
大正末期からの随筆集もおススメですよ。

ところで、流石joshさん、
S駅は新橋を仰るのですね!
東京ステイは仕事ですからビジネスセンターは必須!
アクセスとロケーション、さらに庭園散策...
美味しいご飯もはずせない。
と、これらの条件を満たすのは限られるかもしれません(笑
posted by Richesse : 2011/02/16 1:25 PM :


rikoさん
いつもありがとうございます。

空から舞い降りる雪も美しいですが、
ルーペを持ち出して見る雪華も神秘的ですね。

深い叡智を、誰もが理解できるよう、
平易な言葉で綴られた、これは良書なのですよ。

>ちょこんと生えてるツノみたいなのが
ハイ!正解です!☆☆☆

posted by Richesse : 2011/02/16 1:31 PM :
<< NEW : TOP : OLD>>