le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

英虞湾 〜海と桜と〜
 
le2avril2011_伊勢志摩(英虞湾)賢島_志摩観光ホテルより                    英虞湾 (伊勢志摩国立公園)


先回に続き、所用で出向いた三重県志摩市阿児町から...
伊勢志摩国立公園に位置する英虞湾は、真珠の養殖で知られています。
入り組んだ海岸線に縁取られ、ここには大小さまざまな島が浮かんでいます。



伊勢志摩国立公園 英虞湾                   英虞湾 (伊勢志摩国立公園)


入り江に浮かぶのは真珠筏です。
「真珠」の母貝(アコヤ貝)が、これらの筏につるされています。



賢島_志摩観光ホテル旧館クラシック(ベイスイートより望む)             ベイスイートから望む志摩観光ホテル旧館(クラシック)              


賢島には思い出が詰まった、母のお気に入りだったホテルが佇んでいます。
当時ここで、とりわけ感慨をそそったのは、名シェフによるお料理でした。
今はすっかり事情が変わってしまいましたが...


いくつか花をつけた桜の枝に目を奪われながら、
今回、しばらくぶりの散策で寛ぎました。

我が背子が古き垣内の桜花 いまだ含めり一目見に来ね 
                                                   大伴家持

梅の花ほど多くありませんが、万葉集にはいくつか「桜」が詠まれています。
古来より桜の蕾がほころべば、いよいよ春の到来ですね!
東京のソメイヨシノも、今日は満開となったそうです。



賢島_志摩観光ホテルガーデンの桜02               志摩観光ホテル 庭園の桜(2011/4/2 撮影)


そういえば、万葉集の代表歌人「山上憶良」は、「真珠」を我が子に喩えていました。
この歌にあるように、「真珠」を古くは「白玉(白珠とも)」と呼んだようです。

白玉の 我が子古日は 明星の 明くる朝は しきたへの 
床の辺去らず 立てれども 居れども 共に戯れ 夕星の 
夕になれば いざ寝よと 手を携はり 父母も うへはなさがり 
さきくさの 中にを寝むと 愛しく しが語らへば...<略>
                                山上憶良

英虞湾の「真珠」と「桜」...
どちらも、古来よりこの国で愛されてきたものですね。
そしてそのどちらも、多くの女性がそうであるように母が好きなもの。
ここを訪れ、母の誕生日が間近であることを思い出していました。



le2avril3011賢島_志摩観光ホテルガーデンの桜                     志摩観光ホテル 庭園の桜
                          


世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし 
                                                            在原業平

業平が詠んだ、伊勢物語にある「桜」のうたです。
毎春、桜の開花には心を奪われますが、膨らんだ蕾が開くのを、
いまかいまかと待ちわびるのは、今も昔も変わらなかったようです。



賢島_志摩観光ホテルより望む



震災により、予定を大幅に変更した都合で春休みは返上です。
一日ゆっくりお花見、というわけにはまいりませんが、
こうして束の間でも桜を愛で、ぼんやりさせていただけるのが感謝です。




財団法人伊勢志摩国立公園協会 
===========================
三重県鳥羽市鳥羽1丁目2383-22 
http://www.ise-shima.or.jp/
TEL; 0599-25-2358 
伊勢志摩国立公園協会



賢島 志摩観光ホテル
============================
三重県志摩市阿児町神明731 
http://www.miyakohotels.ne.jp/shima/
TEL; 0599-43-1211
















Cherry blossom(さくらだより) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>