le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

ウミネコ

三重県志摩市阿児町甲賀あたりの海岸 01


心にざわめきを覚えながら、先日所用で訪ねた志摩半島から...
ここは、志摩市阿児(あご)町甲賀あたり。

岬や入り江の多い複雑な海岸線を思い描く伊勢志摩...
ですが半島の東から南は太平洋に面し、この辺りには穏やかな波が打ち寄せます。
付近には、夏場賑わいをみせる「阿児の松原海水浴場」 もあります。
その南端、国府白浜は波が高く、サーフィンのメッカとしても知られています。

タイトな予定を翌日に控えたこの日、拠点から足をのばし大王崎へ...
大王崎からの帰路、海沿いにR61を走りますと「ベンチ」のあるバスストップが?!



バスストップ


車をとめ、砂浜に降り立ちました。
改めて腕時計に目をやると、まだ時間に余裕がありました。



志摩市阿児町甲賀あたりの海岸


人影のない、春の海...
打ち寄せるのは、外洋に面した海岸特有の波...

水際に佇みながら、あの日瞬時に失われた三陸の海沿いの町を想いました。
否が応でも震災のことが過りますが、しばし波の音に耳を傾け心を鎮めました。


三重県志摩市阿児町甲賀あたりの海岸 02


険しくとも越えねばならぬ峠。
ふりかかった長い試練の先の明るいパノラマを思い描きつつ、できることを続けます。



三重県志摩市阿児町甲賀 水際の海猫(ウミネコ)


ウミネコ...でしょうか?

心に嘆きはのこっているものの...
この光景に、ひとときの安らぎを覚えるのでした。





Scene(風景) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>