le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

京の一服 〜雨の薄茶席〜
 
京都 裏千家千玄室宗匠の講演


先回に続き、京都でいただいたお薄のことを...
日付が前後してしまいましたが台風2号接近の中、
出先のラウンジには、お茶席が設けられていました。
茶道裏千家淡交会(青年部)のお点前による、大震災復興支援の茶会でした。
写真は薄茶席(ラウンジ)からガラス越しに望んだ庭園です。


青毛氈が敷かれた立礼茶席で、清々しいお点前を拝見しながらの一服...
お菓子には、被災地(宮城県)でつくられたという白い飴も供されました。


京都 震災復興支援の茶会(お菓子)                   御菓子(左:葛焼き 右:晒しよし飴)


加えて、京の老舗「俵屋吉富」さんの葛菓子もいただきました。
丹波大納言小豆を村雨で巻いた銘菓「雲龍」はよく知られるところですね。
なんとも涼しげなお色の葛焼きで、銘は「川遊び」ということです。

そして、いただいたお薄茶は祇園辻利製のこちら...
裏千家今日庵御好み、鵬雲斎大宗匠御好みとして知られるものでした。


京都 震災復興支援の茶会<薄茶)                      御薄茶 「松清の白」


この御茶会での収益は、日本赤十字社を通して、被災地支援に使われるそうです。















Whisper(とりとめのないこと) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>