le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

南青山で和み時間                           垂涎の肥前磁器と庭園散策@ 根津美術館

le5juin_南青山_根津美術館庭園                  南青山 根津美術館庭園 2011/6/5


更新が滞っていますが、引き続き撮りためた中から...
蓼科高原バラクライングリッシュガーデン
の記事と前後してしまいましたが、
長野に赴く前に立ち寄ったのはこちら...

根津美術館の庭園は自然味溢れる、都会のオアシスです。
隅には薬師堂もあり、随所に石仏や灯篭、石像彫刻が配された和の趣で、
池の周りには幾棟かの茶室も点在するほど、広い敷地を誇るものです。
四季折々、いつ訪れてもゆるりと心を緩ませてくれるスポットです。

こちらが美術館のアプローチです。


le5juin2011_根津美術館アプローチ                    根津美術館 アプローチ


アプローチの屋根は低く設計されていて、
歩いていても、建物の壁による威圧感はありません。
植栽の竹が涼しげです。

ここは茶道具をはじめ、仏教美術品等を主に収蔵する美術館で、
日本や東洋の古美術に興味をお持ちの方々が多く集われるようです。
初代根津嘉一郎(青山)の蒐集品に加え、多数の寄贈コレクションで知られます。

佇まいといい、コレクションといい、庭園といい...
興味の尽きない美術館で、規模もほどよく、企画展の度に訪ねています。
以前も記しましたが、建物は隈研吾氏の設計によるもの...

現在、「伊万里、柿右衛門、鍋島」のコレクション展を開催中です。
今回は故山本正之氏寄贈による、肥前磁器の名品の数々を鑑賞してきました。


根津美術館_コレクション展「肥前磁器の華」チケット                      根津美術館展覧会チケット

----------------------------------------------------
コレクション展
伊万里・柿右衛門・鍋島
 肥前磁器の華
ELEGANT HIZEN PORCELAIN
2011/5/28(Sat) 〜 7/3(sun)
-----------------------------------------------------

有田で白磁鉱が発見され、日本で初めて磁器が焼かれたのは17Cといいます。
肥前焼きは一般に、「古伊万里」「柿右衛門」「鍋島」の三様式に分類されますが、
これらの磁器が放つ魅力は、滑らかで僅かに光を通す磁肌の美しさに加え、
染付や色絵付けの技法にもあり、心を捉えられてしまうことが少なくありません。



根津美術館コレクション展リーフレット_伊万里・柿右衛門・鍋島_「肥前磁器の華」展             コレクション展「肥前磁器の華」  リーフレット(裏面)



初期伊万里のシンプルな染付から色絵付けへ...
そして雅で鮮やかな色絵付けへ、さらには鍋島へと...
肥前磁器の展開の様相を順にみてとれる、わかり易い展示内容でした。

肥前磁器をこれほどまとめて拝見する機会は、根津では5〜6年ぶりでしょうか。
以前は、「柿右衛門」様式に特に魅かれていましたが、
齢を重ねることで、少しずつ興味の対象も変わってくるようです。
今さらですが、「鍋島」が放つオーラに特に圧倒されています。


同時開催
------------------------------------
展示室2 近世の水墨画
展示室5 硯箱 〜机上の華〜
展示室6 雨を楽しむ
-------------------------------------

2F展示室の茶道具も興味深く鑑賞しました。
長石の白い粒を水玉に見立てた、信楽茶碗「水の子」が面白く...
井戸脇茶碗「老松」や、利休による桃山竹の茶杓「浮橋」もありました。
コーナーに設けられている、茶室を模した「青山荘」のお道具も毎回楽しみです。

また展示室2では、思いもかけず「酒井抱一」の「七夕図」を観ることができました。
梶の葉が浮かべられた角だらいが涼しげで、上には紐に掛けられた五色の糸...
七夕で短冊が使われる前には、梶の葉に和歌を記したといいます。

余白の効いたすっきりと美しい掛け軸で、魅かれています。
「かささぎの さして呼ぶなり 星の竹」
と、なんとも奥ゆかしい句が添えられている作品です。


さて、館内の写真はむろんNGですので、お庭の写真を並べます。
美術館に到着するや否や、真っ先に庭園散策で清々しい気分に浸ったのでした。


2011根津美術館庭園04

リニューアルオープンに伴い、庭園にも車イスの乗り入れが可能になりました。


 2011根津美術館庭園05


ここが南青山の一画とは、俄かには信じ難いほどの静寂に満たされ、
崖地に造園されたお庭だけあって、変化に富んだ園路で散策も楽しい...



   
   


庭園の其処かしこに佇む石像彫刻や灯篭...
昔は興味の薄かった石灯篭ですが、近頃では足を停めて注視するようにも...



2011根津美術館庭園_茶室

茶室は4棟...
この美術館が所蔵する茶道具に想いを馳せながら、
それぞれ趣の異なる茶室を巡るのも楽しいひと時です。



 2011根津美術館庭園06 茶室「弘仁亭」                       弘仁亭・無事庵

この辺りは毎年連休の頃、特に賑わいをみせています。
カキツバタの池の畔に、ひっそり佇んている「弘仁亭・無事庵」です。
他に、「閑中庵・牛部屋」、「披錦斎・一樹庵」、「斑鳩庵・清渓亭」が点在します。



2011根津美術館庭園03


さて、散策の後はこちらのNEZU CAFEで喉を潤します。
シンプルで明るく、心地よい空間です。


le5juin2011_NEZU CAFE 01                     根津美術館庭園内 NEZU CAFE

本館の建物と同様、隈研吾氏が設計に携わられています。
リニューアルオープンの際、新設されたカフェです。



NEZU CAFE 03




NEZU CAFE 02




CAFEより望む 根津美術館本館ギャラリー                                CAFEから望む根津美術館本館ギャラリー


          この日は、美術館本館を望むこちらのテーブル席で...

NEZU CAFE 05
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             NEZU CAFE
             OPEN: 10:00 〜 17:00(L.O 16:30)
             ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NEZU CAFE 04 レア&ベイクドチーズケーキ                     レア&ベイクドチーズケーキ



NEZU CAFE 04
こちらは濃緑の庭園に面する、カフェのデッキです。
涼感漂う、さらりと心地よい散策日和でした。



根津美術館庭園の山桜(Purunus jamasakura)                            Prunus jamasakura / ヤマザクラ




NEZU MUSEUM/ 新・根津美術館
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京都港区南青山6-5-1
TEL:03-3440-2536  FAX:03-3440-2436
OPEN:10:00〜17:00(入館16:30まで)
CLOSED:月曜日・展示替期間・年末年始
● 一般¥1,200/ 学生(高校生以上)¥1,000
● 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 「表参道」駅
 A5出口(階段)徒歩8分
 B4出口(階段・エレベータ)徒歩10分
 B3出口(エレベータ・エスカレータ)徒歩10分
 ----------------------------------------------------


伊万里_柿右衛門_鍋島_肥前磁器の華_根津美術館2011展覧会Poster



 
 伊万里・柿右衛門・鍋島
 肥前磁器の華
 ELEGANT HIZEN PORCELAIN
 2011/5/28(Sat) 〜 7/3(sun)
  www.nezu-muse.or.jp/ 
-------------------------------------

<根津美術館関連エントリー> 
  ● NEZU CAFE @ 新・根津美術館  2009/10             
  ● 都心のオアシス @ 南青山 根津美術館庭園  2009/10
  ● Tea and Art ★ 再びNEZU CAFE@新根津美術館   2009/12/23
    ● 新・根津美術館「国宝那智瀧図と自然の造形」


Art ☆Museum(アート・美術館) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>