le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

マイセン 〜西洋磁器の誕生展〜@京都細見美術館

マイセン 西洋磁器の誕生展/京都細見美術館 01                       京都市岡崎 細見美術館


京都は岡崎、平安神宮の近隣に佇む細見美術館です。
今月初め、根津美術館で肥前磁器のコレクション展を観たところですが、
こちらではマイセン工房の初期に創られた磁器を鑑賞できました。

細見家三代の蒐集による、主に日本美術の優品を収蔵する比較的新しい美術館です。
内外屈指のコレクションの、中でも琳派の作品には特に魅せられています。

美術鑑賞の後に、最上階の茶室でお抹茶をいただける点も嬉しく、
またカフェの照明を知人が担当されていることもあり、身近に感じています。

今回の催しは、昨年秋に虎ノ門「大倉集古館」で開催された、
ドイツ、マイセン工房の「開窯300年」を記念する展覧会の巡回で、
マイセンの原点ともいえる、創世記の作品に的を絞られた展示内容です。



マイセン 西洋磁器の誕生展/京都細見美術館 02               細見美術館 「マイセン 西洋磁器の誕生」展 ポスター


-----------------------------------------------------------------------------------
 1710年、ドイツ・ザクセン選帝候アウグスト強王の情熱のもと、ヨーロッパで最初
に硬質磁器を誕生させたのがマイセン磁器製作所です。
 開窯300年を記念とする本展では、このマイセン窯の最も華やかな時代を築いた
絵付師 J.G.ヘロルトと彫塑家 J.J,ケンドラーが王侯貴族の注文に応じて創り出した
貴重な初期作品をはじめ、18世紀の魅力溢れるマイセンの数々をご紹介します。
-----------------------------------------------------------------------------------
                                  細見美術館リーフレットより


Glittering Meissen
陶磁器に出会う后。he Birth of European Porcelain.
開窯300年     Celebrating 300years of Meissen Ware.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マイセン
西洋磁器の誕生
平成23年4月23日(土)〜7月3日(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
主催 細見美術館、毎日新聞社
協力 L'HOMME DE CHINA



マイセン 西洋磁器の誕生展/京都細見美術館 03                  マイセン 「西洋磁器の誕生」展リーフレット


リーフレットに掲載の「色絵金彩人物文鉢」に描かれた、
シノワズリな衣服を纏う人物の表情がユニークでした。
中国の磁器が珍重された時代にあって、
当時のヨーロッパの東洋への憧憬が伝わってきます。

本展覧会は、陶磁史研究家「松村真希子」女史による監修によるもの。
マイセン磁器の黄金期ともいえる、初期の作品ばかりで観応えがありました。

<展覧会構成>
--------------------------------------
初期作品  J.G.ヘロルトの世界
東洋への憧れ
フィギュア(磁器人形)は踊る
サーヴィスの世界
--------------------------------------





■ マイセン磁器展覧会 関連記事
---------------------------------------------------------------------------------
日独交流150周年記念-マイセン磁器の300年展-/六本木サントリー美術館

東京ミッドタウン、ガレリア3Fの「サントリー美術館」で開催され、
一昨日幕を閉じた「マイセン磁器の300年」展を観てきました。
ヨーロッパに於いて硬質磁器を初めて製造したのは云わずと知れたマイセン窯...
昨年(2010)は、開窯300周年を迎えられ...
  Read More・・・
                                          by le Magazine Richesse   2011/3/8
-----------------------------------------------------------------------------------




京都 細見美術館 / HOSOMI MUSEUM
-------------------------------------------------------------------
京都市左京区岡崎最勝寺町6−3
http://www.emuseum.or.jp/
TEL: 075-752-5555
OPEN: 10:00〜18:00(入館は17:30まで)
CLOSED: 月曜日
ACCESS: 地下鉄東西線「東山駅」⊇亳(徒歩約7分)
専用Pなし
* いつも「みやこめっせ」のPを利用しています。
   疎水を渡る(二条橋)と直ぐの交差点です。

■ 細見美術館 次回企画展
-------------------------------------------------------------------
アートキャンパス2011 −鎌倉・室町・桃山−
2011年7月9日(土)〜9月25日(日)
-------------------------------------------------------------------

■ 秋には地元愛知でも開催されるようですので、また伺いたいと思います。
--------------------------------------------------------------------
開窯300年 「マイセン 西洋磁器の誕生」巡回展
--------------------------------------------------------------------
2011年 7月20日〜 9月25日: 町田市立博物館
2011年10月8日〜12月11日: 愛知県陶磁器資料館
---------------------------------------------------------------------

■ マイセン磁器の展覧会はこちらでも...
---------------------------------------------------------------------
日独交流150周年記念・国立マイセン磁器美術館所蔵
マイセン磁器の300年展
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年1月08日(土)〜  3月06日(日):サントリー美術館(六本木)
2011年4月16日(土)〜  6月12日(日):松本市美術館
2011年9月10日(土)〜11月27日(日):兵庫陶芸美術館
2012年4月  7日(土)〜  7月22日(日):大阪市東洋陶磁美術館
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*巡回先美術館DATAはこちら★(Richesseブログ内リンク)





Art ☆Museum(アート・美術館) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>