le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

丸の内の創作和食                            加藤敏彦さんプロデュース☆胡豆昆

le4aout2011丸の内 胡豆昆(ごずこん)                  名古屋丸の内胡豆昆(ごずこん)


昨晩、友人とご一緒したお食事処、丸の内の「胡豆昆(ごずこん)」です。
お料理研究家の加藤敏彦氏がプロデュースされたそうですが、初めて伺いました。

誘ってくださった方は、加藤敏彦氏のお料理教室に通われているそうです。
堀り炬燵のお座敷席で、ゆったり寛ぎながら、夜膳をいただきました。

お料理は、濃厚なお味の「胡麻豆腐」の付き出しで始まりました。
トルコ産の金胡麻が素材という、この胡麻豆腐はお土産でもいただけます。
写真はありませんが、食前にマンゴ&レモンの果実酢もいただきました。

では、「胡麻豆腐」の後にいただいたお汁から、順に並べてみます。


丸の内 胡豆昆(ごずこん)夜のコース料理02                    冬瓜のすり流し汁

丸の内 胡豆昆(ごずこん)夜のコース料理               お造り まぐろ漬け豆腐ソース、鱧、海老


胡豆昆(ごずこん)夜のコース料理04                     揚げ茄子トマトソース


胡豆昆(ごずこん)夜のコース料理05                 強肴 名古屋コーチン塩糀焼き

大根おろしと味噌を併せた「つけダレ」も添えられてきましたが、このままでも美味しい。


胡豆昆(ごずこん)夜のコース料理06                  小菜いろいろ(七点盛り)
丹波黒豆つや煮、数の子塩糀味、芋茎八方酢漬胡麻だれ、刺身くらげ生姜酢、他


胡豆昆(ごずこん)夜のコース料理07                   お凌ぎ 大矢知手延細めん


胡豆昆(ごずこん)夜のコース料理08                   カマスの塩糀焼き よし海老酒蒸し


胡豆昆のお料理は、和のベースに洋や中華のテイストが織り込まれたもの。
日常の献立の参考になるような、アイディア満載の素材の取り合せ...
大変、参考になるメニューでした。


胡豆昆(ごずこん)夜のコース料理09                 ご飯、生のり呉汁、香のもの

一見、とろろ汁にみえますが、「呉」が添えられた白味噌汁でした。
「呉」とは、大豆を一晩水につけ、すり潰したものをいうのだそうです。
生のりと粉山椒もトッピングされ、フワっとした食感です。


胡豆昆ふりかけ                                                  胡豆昆ふりかけ

胡麻、大豆、昆布の3種を粉にした胡豆昆(ごずこん)ふりかけです。
どうやら、店名はこれらの食材が由来のようです。
お店の案内では、これは信長や秀吉、そして家康が常食していたという「強運食」だそう。


胡豆昆 デザート                                               甘味 冷し白玉善哉

デザートは甘味が抑えられ、小豆のお味が引き立つものでした。
ごちそうさまでした。




胡豆昆(ごずこん)
-------------------------------------------------
名古屋市中区丸の内2丁目1-19

TEL/FAX :052-232-1088
OPEN: 11:30-14:00
      17:30-22:00
CLOSED: 日曜・祝日・第3月曜
Pなし(近隣にコインパーキングあり)
最寄駅:地下鉄桜通線 丸の内駅―亳(徒歩1分)
----------------------------------------------------



Delicious Space(美味しい空間/食事編) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
Comment








<< NEW : TOP : OLD>>