le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

Bonne Année 2010 !!
JUGEMテーマ:アート・デザイン


陶器:内藤美弥子  漆板:赤木明登                      陶器 : 内藤美弥子 作




             朽ちた木のようにみえるこの折敷は、
             塗師、赤木明登さんによるものです。





漆板:赤木明登                     漆板 : 赤木明登 作




       お正月に羽根つき・・・
       そんな光景は遠い昔の話になりました。

       羽根には「ムクロジの実が使われていたことがあるようですが、
       これには「サンダルウッド」、つまり「白檀」が用いられています。

       サンダルウッドはアジア、太平洋の赤道付近に分布する樹木で
       特にインドの南部、岩山の北斜面産が良質と云われます。
       この香りは調合香の中心素材として重要な役目を担っています。

       サンダルウッドの芯材からほのかに漂う香り・・・
       それは、メディテーションを助けるやわらかなウッディノート。
       まるで香を焚いているかのようで、自己と対峙できます。

         「香りの愉しみは、その香りを感じることはもちろん、
          ちょっとした手間を惜しまないという、
          精神的なゆとりを楽しむことにあるのです」
       ・・・と仰ったのは、今は亡き美術商の塚田晴可氏でした。

       故塚田晴可氏は、銀座の「ギャラリー無境」のご主人でもあり、
       午前と午後の2回、お客さまのいない時に香を楽しまれていました。

       ギャラリー無境では、塚田晴可氏の感性にピタリとくるものだけが
       洋の東西、ジャンルや時を超え、選ばれて展示されていました。

       世界中を駆けまわられて、選び抜かれたアートたちの、
       その取り合せの妙が評判で、多くの方が魅了されたギャラリー無境。
 
       その設えは、まず香りのイメージから始められ、その香りを生かすために
       アートが選ばれたといっても過言ではない塚田流でした。

       昨年惜しまれたことのひとつは、塚田晴可さんが亡くなられたこと...
       予定の企画展はとりやめになり、ギャラリーは先月閉じられました。      
       ビルのエレベーターを降りると、必ず漂ったお香を懐かしんでいます。

         
         
       2010年の幕開けですね!
       本年もどうぞよろしくお願いします。



    追記
     ● 写真の作品(白い陶器&折敷についての関連記事はこちらです。
       内藤美弥子 陶展&赤木明登の漆板 @ Bienio 名古屋
       内藤さんの白い壺、赤木さんの漆の折敷はBienioでご縁をいただきました。
     ● 赤木明登さんの漆器・関連記事はこちらにもあります。
       赤木明登さんの美しい器:赤月下ノ葉反椀   2009/10/29
              きれい度UP?!〜船橋屋さんの豆寒天〜 :漆皿 2009/9/1
              赤木明登さんの漆器:片口    2009/2/21


      Bienio
      ギャラリー ビエニョ
        =========================================
      名古屋市西区名駅2-23-14  VIA141(1F)
      Tel; 052-587-2230
        * ビエニョは不定期でオープンのギャラリーです。
        特にPRもされず、Official Siteはありません。
        イベント期間以外はお問い合わせの上、お訪ねください。


        GALLERY MUKYO
              ギャラリー 無境
        =========================================
           東京都中央区銀座 1-6-17 アネックス福神ビル5F
           * 塚田晴可氏のギャラリー無境は09/12/19閉廊されました。
    
        *お別れの会   http://richesse.jugem.jp/?day=20091126         

Tableware(うつわ&テーブル・モチーフ)) : - : - : posted by le Magazine ★ Richesse
赤木明登さんの美しい器



赤木明登器2009_shelf01                      赤.月下ノ葉反椀



             美しい器です・・・
             塗師、赤木明登さんの葉反椀です。


             今年9月の、作品展での購入でした。
             名駅のギャラリー「ビエニョ」でひと目惚れ!!

        
             『 赤.月下ノ葉反椀 』と名付けられていました。


             しばらくは、飾り棚に並べ眺めていましたが・・・
             ようやく日常の中で使うようになりました。

               
             今は、食器棚の真中で鎮座するこの椀たち!
             たちと云っても2椀しかありませんが・・・(笑



赤木明登器2009_shelf02                 漆器:赤木明登 皿:青木良太



              上から覗きこんでも、
              下から見上げても、
              どこから眺めても美しい赤木さんの漆器。
          



赤木明登器2009_shelf03



               美し・す・ぎ・る・この葉反椀に、
               今日は生菓子を盛りました。




le20oct2009芳光蕨餅01



           名古屋の人気お菓子所「芳光」の「わらび餅」です。

           「芳光」といえば「わらび餅」、「わらび餅」といえば「芳光」!!
           プルプルな食感で、中の餡も口溶けが良くほどよい甘さ...
  



le20oct2009芳光蕨餅02                      赤.月下ノ葉反椀 と わらび餅

        夏の間は作られませんが、秋風が吹き始めるとお目見えです。
        久しぶりの芳光製の「わらび餅」、美味しくいただきました。



        ※ 赤木明登さん関連エントリーはこちら↓にもあります。
               赤木明登さんの漆器 by Richesse 



                   ギャラリー ビエニョ
                     Bienio
   =======================================
         名古屋市西区名駅2丁目23−14VIA 141
         TEL:052-587-2230 FAX:052-587-2231
 ● Bienio(ビエニョ)は不定期でオープンの人気のギャラリーです。
    HPもなく特にPRもされていませんが、知る人ぞ知るスペースです。

      

                     御菓子所 芳光
            ========================
              名古屋市東区新出来一丁目九番一号
                   TEL:052-931-4432
                   OPEN:9:00〜18:00
                                   CLOSED:Sunday
le20oct2009芳光蕨餅03                  漆器:赤木明登作 皿:青木良太作 御菓子:芳光製

            ● 芳光の「わらび餅」は10月〜6月の販売です。
                            予約の段階で品切れもありますのでお問い合わせください。
         
            ● 芳光のその他、季節の生菓子についても綴っています。
              2009秋の生菓子はこちら⇒    秋色のお菓子たち
                          2009春の生菓子はこちら⇒  
Tableware(うつわ&テーブル・モチーフ)) : - : trackbacks(0) : posted by le Magazine ★ Richesse
きれい度UP?!〜船橋屋さんの豆寒天〜


 
le1septembre09船橋屋豆寒天1



le1septembre09船橋屋豆寒天2



           
       富良野で採れた赤えんどう豆の寒天をいただきました。

       船橋屋さんの「豆寒天」は、お豆の塩加減が絶妙で甘過ぎず
       時々むしょうに欲しくなる、大人な(?)お味です!

       大粒の赤エンドウ豆がゴロゴロ・・・
       添付の黒糖蜜も秘伝だそうで、お豆と寒天にほどよく絡み絶妙!

       舌の上で弾むような寒天の素材は、伊豆の神津島産だそうです。
       天草の一番煮汁しか使わないというこだわりの寒天なのだそう...

       食物繊維が豊富でカロリーオフの寒天は女性には嬉しいですね!  
       適量の寒天摂取は糖の吸収も穏やかにしてくれるようです。  
                     
       ということで・・・
       今日もからだに優しい食材摂取で、きれい度UP?!(笑
       お気に入りの器で、ごちそうざまでした!!      





 
 

                                  
カップ/安藤雅信(ギャルリももぐさ)・漆器/赤木明登・グラス/安土忠久・花入/加藤巧

*カップはソーサー付きですが今日は赤木さんの漆皿を合わせました。
 多治見の安藤雅信さんの「ギャルリ百草」で買い求めたものです。



ギャルリ百草
=======================
岐阜県多治見市東栄町2-8-16
TEL:0572-21-3368 
開廊;11:00〜18:00

●ギャルリ百草関連エントリー●
ギャルリ百草の器たち @ 多治見 
by le Magazine ★ Richesse


船橋屋
=======================
東京都江東区亀戸3-2-14                
TEL;0120-8-27848




Tableware(うつわ&テーブル・モチーフ)) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
<< : 2/5 : >>