le Magazine ★ Richesse                                                      リシェスなささやき・・

辰野スタイル★(旧)日本銀行京都支店@三条高倉界隈


京都文化博物館_別館(旧日本銀行京都支店)          京都文化博物館別館/ 旧・日本銀行京都支店(重要文化財)


先述の室町和久傳で食事の後は、ふらりと傍らの京都文化博物館へ...
前日から「冷泉家 王朝の和歌守(うたもり)展」が始まったところでした。

冷泉家(れいぜいけ)の歴代は、平安朝以来の公家文化を継承されています。
明治になり、多くの公家が東京に移り住まわれたなか京に留まられたという...
京都御所に位置する佇まいは、現存唯一の公家屋敷で重要文化財です。

その冷泉家によりわたり守り抜かれた王朝美の数々...
今回は、和歌集や歌学書、古記録など84巻にわたる刊行の完結記念展です。
昨年東京でも開催され賑わいをみせましたが、京都でも人気のようです。


ところで写真↑ は三条高倉北西角に建つ、京都文化博物館別館です。
重要文化財ということですが、1906年(明治39年)の建築だそうです。
日本銀行本店(東京)の建物も重要文化財だそうですが、設計者は同じようですね。

資料によると、こちらの設計は辰野金吾長野宇平治だそうです。
赤レンガに帯状にあしらわれた白い石は映えますね!
このスタイルは、辰野式と呼ばれる建築なのだとか...
興味をお持ちの方は、博物館のHPに詳しく載っていましたのでそちらを...




京都文化博物館_別館(旧日本銀行京都支店)エントランス                   京都文化博物館 別館エントランス


中庭を隔てた金庫棟にはCAFEもあったようでしたが、
今回は、三条通りからこうして建物を撮っただけで帰りました...(笑


さてこちらは、只今開催中の展覧会のご案内です。
-----------------------------------------------------------------------
冷泉家 王朝の和歌守(うたもり)
【前期】 2010/4/17(Sat.)  〜5/9(Sun.)
【後期】 2010/5/12(Wed.)〜6/6(Sun.)
時間 10:00 〜 18:00(入室は30分前まで)
会場 京都文化博物館4F
主催 京都府・京都文化博物館・財団法人冷泉家時雨亭文庫・朝日新聞社・朝日放送    
-----------------------------------------------------------------------
* 月曜休室・金曜日は19:00まで開室
*  会期中、5/3(Mon.)は開室・5/11(Tue)は展示替えのため臨時休室
*  チケット ¥1,200(一般)・¥800(大高生)・¥500(中小生)



冷泉家_王朝の和歌守展(京都文化博物館4F_3F)                        冷泉家「王朝の和歌守展」/京都文化博物館

         折をみて感想等、覚書でもまた「記せればと思います。



京都文化博物館
THE MUSEUM OF KYOTO
-----------------------------------------------------------------------
604-8123 京都府京都市中京区三条高倉
TEL: 075-222-0888
専用Pなし(コインパーキング利用しました)
最寄駅 地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」( ソ亳 三条通りを東へ3分)
      阪急「烏丸駅」 (綾亳 三条通りを西へ7分)
      市バス「堺町御池」より2分
* 詳細MAPはOfficial Siteで;  www.bunpaku.or.jp
* 次回特別展 2010/6/19より「龍馬展」
-----------------------------------------------------------------------
冷泉家 王朝の和歌守展Official Site; www.asahi.com/reizei/
Heritage(史跡・文化財) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
茶室・鳳翔台でゆるり一服 @ 彦根城 玄宮園
 

彦根元宮園 茶室鳳翔台 01                   彦根城玄宮園の茶室「鳳翔台」


      先述の彦根城玄宮園の築山に佇む鳳翔台(茶室)です。
      ここは観光で彦根を訪れる方の寛ぎのスポットですが
            地元の方にとっても憩いの場のようです。


      
彦根元宮園 茶室鳳翔台 02

      訪れた日は、ご覧のように桜はまだ蕾の状況で
      この春、ここの桜をまだ見ぬままですが...
      今日あたりは、おそらく満開だったのでは?
      
      ですが、桜(ソメヨシノ)が満開で見頃の時期であったなら、
      この茶室もかなりの人で賑わい、待ち時間がでたのではないでしょうか?
      
       この日は待ち時間0分で薄茶をいただけました。
      彦根城天守に登ったときも、待つことはなくラッキーでしたが
      桜の開花を待たずして訪れる彦根も、ありかな...と。
      満開の桜をとるか、待ち時間0分をとるか...と前にも云いましたが。(笑


    
    

        この日は私たちの一行(?)で、ほぼ貸切状況の茶室でした。
        お菓子は彦根本町の老舗、いと重菓舗の「埋もれ木」でした。
        抹茶と和三盆糖がまぶされた求肥で白餡を包んだ銘菓です。

        好天に恵まれ、お茶席からの絶景に誰しもご満悦...         
        大勢でドヤドヤ伺い、勝手流のミニ茶会となりました!    



名勝玄宮園_臨池閣               鳳翔台(茶室)から望む臨池閣の茅葺き屋根


   鳳翔台(茶室)の呈茶時間は、9:00〜16:00まで(呈茶料¥500)です。
   <彦根のさくら 〜鳳翔台より〜  2008 by le Magazine Richesse/リシェス>
   彦根城天守閣の観覧後に入場の場合は、黒門方面へ(案内あり)と進み、
   濠沿いに歩きますと玄宮園の入り口があります。(入場料¥400)

   * 玄宮園・楽々園 OPEN: 8:30〜17:00
   * お問い合わせ 彦根市城山公園事務所
     TEL; 0749-22-2742 FAX; 0749-22-2905

   
・・・ということで、今回ソメイヨシノには恵まれませんでしたが楽しい彦根でした。
   彦根城は桜の名所として人気ですが、ちなみにこの玄宮園内の桜は数本です。
   今春はこの庭園でも桜を愛でることは叶わず、残念でしたが、
   玄宮園の鄙びた風情のなかに咲く桜も楚々としておすすめです。
   

------------------------------------------------------------------------
● blog内  桜だより
● blog内 彦根城関連記事    by le Magazine ★ Richesse/リシェス
  ふらり散策 ★ 名勝 玄宮園 〜井伊家の旧別邸〜     2010/4/9
 
彦根城の陽光桜☆天守は権力のプレゼンテーション@滋賀県 2010/4/8 
 2009春の記憶 @ 彦根のさくら      2009春
 彦根のさくら 〜鳳翔台(茶室)より〜 2008春
 2008 彦根城 のさくら                 2008春
-------------------------------------------------------------------------
●彦根城観光のお問い合わせはこちらへ●
彦根城  0749-22-2742
彦根城観光案内所 0749-22-2954
彦根城観光協会 0749-23-0001
www.hikoneshi-com/
--------------------------------------------------------------------------
いと重菓舗
彦根市本町1-3-37
TEL:0749-22-6603
OPEN:8:30〜18:00
CLOSE:Tue
Heritage(史跡・文化財) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
ふらり散策 ★ 名勝玄宮園〜井伊家の旧別邸〜


2010彦根城 名勝玄宮園_01                    彦根城 国指定名勝「玄宮園」


 先回綴りました彦根城天守に続き、立ち寄った城内の「玄宮園」です。
 天守の北東に位置し、名勝として国指定されている大名庭園です。

 造営(1677)は彦根藩主井伊家、第四代直興(なおおき)の時代だそうです。
 (直興は徳川幕府で二度大老を務め、隠居後は直治と改名しています。)

 彦根を訪ねると、ふらりと立ち寄りたくなるエリアでお濠からの散策を楽しみます。
 天守が見事な借景で、ここから眺めるお城もいいものです。

 正直、お城(本丸)へは桜の季節のみですが...
 ここへは幾度となく足を運んでいて、所用で赴いた折も
 庭園内のお茶室で、薄茶をいただいてはくつろいでいます。



彦根城 名勝玄宮園_02

 今回は日本史に造詣が深い輩も一緒で、耳にタコができるほどの解説付き?!
 うるさかったです(笑)...が、聞きかじりの覚え書きを少々...

 彦根藩主「井伊家」は、近江国(滋賀)の東から北にかけて治めていたそうですが
 徳川最強の軍団(赤備え)を誇り、家康の天下統一を支えた武門の家柄だそうです。

 ※井伊の赤備え:勇猛で知られた武田家の有力武将らの「赤備え」にあやかり、
            家康が井伊家の軍事力を増強するためにつけた軍団のことで
            藩主から家臣にいたるまで甲冑など朱色で統一したそうです。

 「井伊家」と云われて、まず浮かぶのは激動の幕末に生きた大老・井伊直弼ですが、
 代々徳川将軍家における譜代大名筆頭で、将軍を後見する立場にもあったそうで
 将軍後継ぎの元服式では、常に烏帽子親(えぼしおや)を務めたという家柄なのだとか。

 彦根城はむろん「井伊家」が築いていますが、この工事は幕府主導のもとで行われ、 
 ここを畿内近国の拠点としたかった徳川家康の意向が汲まれたものだったそうです。

 要約すると、井伊家はとにかく凄かった!...ということのようです。(笑




名勝玄宮園_臨池閣/料理旅館八景亭 01               玄宮園内 池泉から眺める臨池閣・料理旅館「八景亭」

 池の中に突きだしたように佇む臨池閣、数寄屋造りの料理旅館「八景亭」です。
 茅葺き屋根の建物は、なんと築三百年だそうですが手入れが行き届き、
 この大池泉回遊式庭園の景観に趣を添えていますね。
 庭園を眺めながら、近江の幸を堪能できます。


八景亭 02

 「八景亭」の玄関に掲げられた看板にも歴史が刻まれています。
 もとは井伊家の別邸、下屋敷として賓客をもてなすために建てられたそうです。
 料理旅館としては昭和9年からの営業で、今はお食事のみでも利用できます。
 湖魚料理のお好きな方はいかがですか?

 ところで、庭園の名称「玄宮園」の由来ですが、
 唐の時代、玄宗皇帝の離宮(庭園)を模したからだとか、
 井伊家の長寿延年にちなんで玄宮とつけられたとか...諸説あるようです。

 隣接する楽々園(槻御殿)も名勝として知られ、そちらも直興によるものですが、
 御書院は現在改修中のようでシートに覆われていました。


------------------------------------------------------------------------------
●「彦根城」関連過去記事です。     by le Magazine ★ Richesse/リシェス
 彦根城の陽光桜☆天守は権力のプレゼンテーション@滋賀県彦根市 2010/4/8 
 2009春の記憶 @ 彦根のさくら      2009春
 彦根のさくら 〜鳳翔台より〜         2008春
 2008 彦根城 のさくら                 2008春
------------------------------------------------------------------------------


●彦根城観光のお問い合わせはこちらへ●
彦根城  0749-22-2742
彦根城観光案内所 0749-22-2954
彦根城観光協会 0749-23-0001
www.hikoneshi-com/

料理旅館 八景亭                                                                        ====================
滋賀県彦根市金亀町3-41
TEL:0749-22-3117
FAX:0749-21-3120
http://www.hakkeitei.com/
Heritage(史跡・文化財) : comments(0) : - : posted by le Magazine ★ Richesse
<< : 3/7 : >>